仕事ができる人の特徴とは?業務への向き合い方や考え方のポイント

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

仕事ができる人には、共通した特徴があります。

仕事ができる人が、どのように業務に向き合っているのかを知ることで、自分の業務に活かすことができるでしょう。

仕事ができる人の特徴や、考え方のポイントについて見ていきましょう。

「仕事ができる人」とはどのような人か

「仕事ができる人」は、パフォーマンス力が高く、周囲からの信頼が高いという特徴があります。

生産性が高く、確実に一定の成果を創出していることが、「仕事ができる人」の一般的なイメージであると考えられますが、くわえて周囲の人からの信頼が厚いことも重要な構成要素となっています。

仕事は、人と協調しながら遂行するものなので、コミュニケーションのとり方や、仕事に対する考え方、周囲との関わりのなかで相手に好印象を与えられているかなども、仕事ができる人の構成要素といえるでしょう。

仕事ができる人とは、「人間性が高い人」と言い換えることもできます。

仕事ができる人の特徴

仕事ができる人の特徴について見ていきましょう。

 

意思決定のスピードが早い

仕事ができる人は、意思決定のスピードが早いという特徴があります。

業務を進めるうえで、最短で成果をだす方法や、効率的に進める方法など、常に最もよい選択をすることを考えているため、判断を求められた時の決断スピードが早いです。

また、物事を判断するときには、リスクやメリット・デメリットを素早く察知し、現状や未来にとってよりよい選択をしようとすることも特徴です。

 

主体的に動くことができる

受け身ではなく、能動的に働きかけることも、仕事ができる人の特徴です。

仕事ができる人は、どうすれば業務が円滑に進められるかや、生産性を高くできるかを念頭に置いて、仕事をしているため、常に主体的に行動しています。

たとえば、新たな事業計画や業務改善について積極的に提案したり、困っている人や業務を積極的にフォローしたりと、自分のスキルが活かせそうな場面で積極的に働きかけ、自分だけではなく、組織全体の効率化を目指しています。

 

計画的に動くことができる

自分の期待役割を理解したうえで、計画性をもって動くことができます。

仕事ができる人は、与えられた業務だけではなく、自分の役割とされる業務全体を見渡したうえで、やるべきことを把握し、タスク管理をおこないます。

たとえば、Todoリストを作って、日・週・月ごとでの業務予定を整理し、予定どおり進んでいない場合は、原因を分析し、素早く改善にとりくみます。

自分に期待されていることを理解したうえで、やるべきことをやるためのスケジュールを設定するため、任せられた仕事のみをおこなっている人よりも、成長スピードが早いことが特徴です。

 

報連相を怠らない

チームで業務を進める場合、グループ全体の生産性向上のために、報連相をこまめにおこなうことは必要不可欠です。

とくにトラブルや、通常と異なる業務や案件が見られるときは、周囲に迅速に報告することが大切です。

周囲に素早い報告ができると、どのような対応をすべきか知恵をだしあえるため、的確で漏れのない業務遂行につながります。

 

時間管理が得意

仕事ができる人は、時間意識が強く、定められた時間内に業務を完遂させられることも、特徴のひとつです。

時間意識が強いため、さまざまなタスクの工数や、苦手な作業にどれくらいの時間がかかるか、バッファが必要かなどを計算したうえで、スケジュールを設計するため、時間管理が得意です。

時間内に処理できる仕事のみを担うのではなく、成果を創出するために、期限の調整や、クオリティの調整をおこなうため、締め切りを過ぎてしまったり、クオリティの低い仕事になってしまったりなどの、トラブルが発生しないことも特徴といえるでしょう。

 

学習意欲や知的好奇心が高い

常に新しい情報や、業務に活かせる情報がないかを探していて、学習意欲や知的好奇心が高いことも特徴です。

業界を問わず幅広い情報をとりいれていて、とりいれた新たな知識と、自分がもっている既存の知識を結びつけ、独自のノウハウをうみだし、業務に役立てようとしています。

 

コミュニケーション能力が高い

仕事ができる人は、高いコミュニケーション能力をもっています。

相手の意見を聞き、正しい要望をくみとるなどの聞く能力にくわえ、自分の考えを、だれにでも伝わるように、わかりやすく言語化し、伝える能力も非常に高いです。

 

セルフマネジメント能力が高い

仕事ができる人は、高い成果を創出し続けるためには、心身の健康を保つことが重要であることを知っているため、セルフマネジメント能力が高いです。

体調や精神面の変化に自分で気がつき、不調の場合は改善に努め、適度にリフレッシュすることを欠かさないなど、健やかな毎日を送ることにも気を配っています。

 

気遣いや感謝を忘れない

仕事ができる人は、相手の視点に立って物事を考えるため、気遣いや感謝の姿勢を忘れません。

同僚が多忙であるときや、体調が悪いときは、相手を労う、協力してくれたときは感謝を忘れないなど、些細なことでも相手を気遣う姿勢を示します。

このような姿勢を常にもっているため、周囲の人からの好感度が高く、仕事面においても信頼を置かれていることが多いです。

 

オン・オフの切り替えがうまい

常に緊張状態を続けるのではなく、適度に緩急をつけるなどで、オン・オフの切り替えがうまいことも、仕事ができる人の特徴です。

また、身だしなみを仕事の一部であると考え、見た目の印象をよくするために、清潔感のある身だしなみも心がけています。

 

課題発見力がある

どのような業務のなかでも、自分の苦手や課題を見つける課題発見力があります。

自主的に課題を発見し、それを解決するサイクルを繰り返すことで、自己成長につながることを知っているため、自ら課題を見つけ、積極的に解決にとりくむ力をもっています。

業務への向き合い方や考え方のポイント

仕事ができる人の、業務への向き合い方や、考え方のポイントを見ていきましょう。

 

優先順位を明確にしている

緊急度が高い業務や、時間が定められていない雑務などの組みわけをおこない、業務の優先順位を明確にしています。

すべての仕事を平等に、完璧にこなさなければならないと思うと、重要度の高い仕事に割く時間が十分にとれなくなることもあります。

業務に優先順位をつけ、重要度の高い仕事からとりくんでいくことで、漏れなく仕事を遂行できるでしょう。

 

ゴールや目標を明確にしている

業務にとりくむ際に、ゴールや目標を明確にしたうえで、各プロセスの計画を立てています。

計画を立てることで、各タスクの工数が明確になるため、時間に追われることなく、余裕をもって業務をこなせるでしょう。

また、日頃からタスクの設計ができていると、緊急対応が求められた際にも、他の業務の期日調整をする、工数の空き状況でひきうけるかを判断するなど、柔軟な対応が可能になります。

 

生産性向上について考えている

最短で質の高い成果を創出するためには、どうすればよいのかを常に考えています。

たとえば、昼休みに軽い仮眠をとることが、午後からのパフォーマンスアップにつながるなど、生産性を向上させる知識をとりいれて実践することが重要です。[※1]

仕事ができる人は、ルーティンの業務や引き継ぎをうけた業務なども、そのまま遂行するのではなく、効率化できないかと常に考えているため、生産性も高いです。

 

フィードバックを柔軟に受け入れられる

自分の価値観ややり方のみに固執せず、周囲の意見を柔軟にとり入れることができるため、業務改善のスピードが早いです。

自分の考え方のみに頼りすぎると、業務の質が下がったり、不十分な点がでてきたりする危険性もあるため、フィードバックは真摯にうけとめ、改善に活かしましょう。

 

当事者意識を持っている

企業や自分が所属する組織をよりよくするための、強い責任感や当事者意識をもっています。

当事者意識をもって、業務にとりくむと、内省的な動機づけが得られるため、モチベーション向上や生産性向上が期待できます。

 

チームワークを大切にしている

周囲と進捗状況や反省点を共有する、メンバーで困っている人がいたら積極的に助けあうなど、チームワークを大切にしています。

仕事ができる人は、責任感や当事者意識をもって業務にとりくんでいるため、自分だけではなく、チーム全体で成果を創出することが大切なことを知っています。

また、チームワークを大切にすることで、メンバー同士のエンゲージメントが高まるため、仕事への意欲向上も期待できるでしょう。

 

無理な計画を立てない

仕事ができる人は、自分の能力やキャパシティを把握したうえで、適切なタスク設計をしています。

タイトすぎるスケジュールを立てる、未経験分野の業務ばかりチャレンジするなど、無理な計画を立てると、心身ともに疲弊してしまうことにくわえ、周囲に心配や迷惑をかけてしまう可能性もあります。

タスク設計は自分の能力に対して適切にする、自分の能力より大きな仕事がある場合には、必要に応じて上司や同僚を頼るなど、無理な計画は立てないようにしましょう。

仕事ができる人になるためにできること

仕事ができる人になるためにできることを解説します。

 

仕事ができる人を観察し真似る

仕事ができる人の時間管理の方法や、タスクの処理方法、休み時間の過ごし方など、仕事ができる人を観察し、真似ることからはじめてみましょう。

仕事ができる人も、最初から全てをできていたとは限りません。

さまざま方法を学んだり、他の人を真似てみたりと、試行錯誤を重ねることで、自分にあった業務効率化の方法が見つかるでしょう。

また、仕事ができる人に直接相談してみることで、改善のアドバイスがもらえる可能性もあります。

積極的に業務効率化を目指しましょう。

 

スキルを高める

不足しているスキルや、苦手と感じるスキルを高めることで、仕事の効率が上がる可能性があります。

また、「問題解決能力」や「意思決定力」のような、汎用的なビジネススキルを高めることも効果的でしょう。

業務に必要なツールの使用能力や、専門的なスキルの向上は、具体的な業務改善につながります。

まずは、どのようなスキルを高める必要があるのか、現状を分析してみましょう。

 

成果を意識する

与えられた課題に対して、ただこなすだけでなく、期待以上の成果を出すことを意識してみましょう。

成果を意識すると、自分の業務を振り返り、改善する習慣がつくため、仕事を効率的にこなせるようになるでしょう。

また、キャリアプランを明確にしてみる、期待役割を上司に確認してみるなども、モチベーションの向上につながるため、効果的です。

なにから着手していいのかわからない場合は、上司や先輩社員に相談してみることもよいでしょう。

 

主体的に動く

指示されたことにただ従うなど、受け身の姿勢ではなく、企業や自分が所属する組織をよりよくしたいという気持ちで、主体的に動きましょう。

たとえば、業務改善案や有益なノウハウを積極的に周囲に共有し、チーム全体で効率をあげる努力をすれば、チーム全体の生産性向上も期待できます。

まずは担当業務をこなすだけでなく、期待以上の成果を創出することを目標として、主体的に動いてみましょう。

 

業務の「目的」「役割」を意識しながら働く

自分の業務の「目的」や「役割」を意識しながら働きましょう。

目的達成を意識できていると、「なにが足りていないのか」「なにをする必要があるのか」を逆算して考えるようになるため、より生産的に行動しようとします。

また、担当業務のなかで、自分に与えられた役割を理解できていると、業務効率化のためになにをすればいいのかを考えるようになるでしょう。

まずは、自分の業務の目的や役割を言語化し、整理をおこなってください。

業務の目的や役割を整理できると、効率化をはかれる部分や、改善できる部分を見つけることにつながるため、主体的に動けるようになるでしょう。

業務効率化にはChatwork

仕事ができる人になるためには、仕事ができる人の特徴や、仕事への向き合い方を知ることが近道です。

まずは、自分と仕事ができる人に違いがあるかを分析し、業務に対する意識や姿勢で改善できる点を見つけましょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は、離れた場所でもコミュニケーションを円滑におこなうことができる、業務効率化に最適なツールです。

タスク管理機能を活用すると、周囲や自分の進捗状況を把握できるため、締め切りが過ぎてしまう、連携が漏れてしまうなどのトラブルを減らすことにもつながります。

業務効率化の方法として、「Chatwork」の利用をぜひご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

[※1]出典:厚生労働省 
「働き方改革応援レシピNO137 昼寝で能率アップ」
https://jsite.mhlw.go.jp/aichi-roudoukyoku/content/contents/000660806.pdf

業務効率化の方法を検討中の方におすすめの資料
業務効率化ツール一覧

このお役立ち資料では業務を効率化したいが「何から手をつければ良いかわからない」という方向けに、業務効率化のタイプを分類し業務別の効率化モデルを紹介した資料です。

巻末には、おすすめの業務効率化ツール一覧も掲示しております。

  • 「業務効率化」とは何か
  • リスクを取らない社内思考
  • 業務効率化モデル

なども解説します。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事