マネジメントとは?手法や必要なスキル、種類、仕事内容を解説

公開日: 更新日:
業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
マネジメントとは?手法や必要なスキル、種類、仕事内容を解説

目次

「マネジメント(management)」は、もともと英語で会社の「経営」や集団の「管理」を表す単語です。

企業において「マネジメント」が関わる事柄は、人材管理や組織運営、メンタルヘルスの管理など、多岐にわたります。

マネジメント力を磨くことで、現場を適切に管理できるようになり、業務の生産性を向上させる効果が期待できます。

マネジメントの手法には、どのような内容があるのでしょうか。

マネジメントに必要なスキル、仕事内容、種類について解説します。

マネジメントとは

企業におけるマネジメントとは、組織の経営資源を有効活用して、組織を適切に管理することです。

アメリカの経営学者であるピーター・ファーディナンド・ドラッカーの定義によると、マネジメントとは「組織に成果を出させるための道具や機能」といった意味があります。

企業の経営を安定化させるためには、人材などを適切に管理して、有効活用していくマネジメント力が求められます。

マネージャーとの違い

マネージャーとは、組織の目標達成に向けて、チームの成果をあげるためにサポートしていく存在のことです。

ドラッカーの定義によると、マネージャーとは「組織の成果に責任を持つ人物」という意味があります。

マネジメントは組織全体の管理を指す言葉、マネージャーは管理の役割を担う存在という意味で違います。

リーダーとの違い

リーダーには、指導者という意味があり、組織の目標達成に向けて仲間に方向性を示す役割を担います。

リーダーは指導役を担う存在、マネジメントは組織全体を管理するときに使う言葉という意味で違います。

マネジメントの必要性

マネジメントは、組織が成長を続けるために必要です。

マネジメントをおこない、適切に人材を管理することで、人材の能力を最大限に引き出しやすくなります。

また、組織全体を適切に管理できるので、生産性を向上させる効果が期待できます。

マネジメントの役割

マネジメントの役割について解説します。

組織の目標設定・達成に向けて調整する

マネジメントの役割を担う人がいることで、目標達成に向けて「いつまでに○○の仕事を終わらせる」など、生産性が落ちないように調整しやすくなります。

現場の社員にとっても、マネジメント役に見られている分、適度な緊張感のなかで集中して作業を終わらせやすくなります。

メンバーの指導・サポートをおこなう

マネジメントの役割を担う人がいることで、現場の社員に指示を出せるメリットがあります。

また、仕事の進め方について社員にフィードバックができるので、現場を放置せずに業務の改善を図ることができます。

マネジメントの種類

マネジメントの種類について解説します。

ミドルマネジメント

ミドルマネジメント(中間管理職)とは、トップマネジメントとロワーマネジメントの中間にあたる存在です。

企業では、主に部長や課長などの役割を指します。

経営層の意思をくみとりながら、部下たちの管理や指導をおこなう立場にあたります。

>ミドルマネジメントに関する記事はこちら

トップマネジメント

トップマネジメント(最高経営者層)とは、企業の経営トップを担う存在です。

企業においては、会長や社長、専務などが当てはまります。

今後の経営方針や事業活動に関わる決定など、企業経営の重要な判断をする役割を担います。

ロワーマネジメント

ロワーマネジメント(監督者層)とは、現場の社員を管理する存在です。

役職が与えられていないケースが一般的で、リーダーや現場監督といった名前で呼ばれます。

ミドルマネジメントから方針を受けとりながら、現場をまとめる役割を担います。

マネジメントの手法:人材管理

マネジメントの手法について、人材管理に関わる内容を見ていきましょう。

タレントマネジメント

タレントマネジメントとは、社員の能力や経験(タレント)などを活用して、経営戦略に応用する手法のことです。

タレントマネジメントツールを活用して一元管理することで、人材育成や配置を最適化できるメリットがあります。

>タレントマネジメントに関する記事はこちら

モチベーションマネジメント

モチベーションマネジメントとは、社員の意欲を高められるような施策を実施して、サポートしていく手法のことです。

たとえば、1on1ミーティングや新しい評価制度を導入することで、部下の仕事に対するモチベーションを高めやすくなります。

>1on1ミーティングに関する記事はこちら

パフォーマンスマネジメント

パフォーマンスマネジメントとは、上司が部下のパフォーマンスを高められるように、フィードバックをおこなう手法のことです。

上司は部下の目標達成に向けて、内容を一緒に検討しながら、能力を引き出せるように助言を与えてサポートします。

マネジメントの手法:組織運営

マネジメントの手法について、組織運営に関わる内容を見ていきましょう。

プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントとは、プロジェクトの達成に向けて、計画的に管理する手法のことです。

人材や資金、スケジュール管理など、計画がとどこおりなく進められるように、プロジェクト全体を管理します。

チームマネジメント

チームマネジメントとは、目標達成に向けて、チーム全体が動きやすいようにメンバーを管理していく手法のことです。

リーダーはメンバーが話しやすい雰囲気をつくることで、メンバー全体で連携しやすくなり、業務の生産性を向上できます。

ナレッジマネジメント

ナレッジマネジメントとは、ナレッジ(知識・スキルなど)を社内全体で共有して、業務に活かす手法のことです。

ベテラン社員のノウハウを共有できると、ほかの社員に仕事のノウハウを応用できるため、社員全体のスキルを向上させる効果が期待できます。

マネジメントの手法:メンタルヘルス

マネジメントの手法について、メンタルヘルスに関わる内容を見ていきましょう。

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールする手法のことです。

たとえば、怒りを感じた直後の6秒間だけ怒るのをやめることで、冷静な気持ちを取り戻しやすくなり、怒りを爆発させずに済むというメリットがあります。

アンガーマネジメントは、部下の人材育成時におけるハラスメント防止にも役立ちます。

>アンガーマネジメントに関する記事はこちら

メンタルヘルスマネジメント

メンタルヘルスマネジメントとは、社員の心の健康を維持できるように、職場改善にとりくむことを指します。

たとえば、メンタルヘルス相談窓口の設置や、ストレスチェック制度の導入などを実施します。

社員のメンタルケアにとりくむことで、心の不調を未然に防ぐ効果が期待できます。

>メンタルヘルスマネジメントに関する記事はこちら

ストレスマネジメント

ストレスマネジメントでは、日々感じるストレスに対して、どのように向き合うのかを検討します。

企業においては、仕事量や労働時間が適切かどうか、職場の人間関係は良好かどうかなど、日々のストレスケアに向けて、管理職が部下を見守る必要があります。

個人においては、自分自身の心を見つめ直すセルフケアに努めることも大切です。

マネジメントの仕事内容

マネジメントに関わる仕事内容について解説します。

人材育成

人材育成は、マネジメントの主な仕事内容のひとつです。

たとえば、上司から部下にフィードバックをおこなうことで、部下に気づきを与えられます。

指導にとりくむことで、少しずつスキルアップを図れるようになり、組織の運営を担える人材を育成する機会につながります。

目標設定

マネジメント役は、部下を導くためにも、適切な目標設定をおこなうことが求められます。

たとえば、納品日のスケジュールから逆算して、無理のない予定を組んで、適切な目標設定を決めることが重要です。

実現可能な目標設定を決めることで、部下のモチベーションを低下させず、効率よく作業を進めやすくなります。

評価

マネジメントでは、部下の仕事ぶりを適切に評価する判断力も重要です。

社内全体で評価基準を設けながら、ルールを決めて公開しておく必要があります。

動機付け

マネジメントの仕事では、部下のモチベーションを維持する動機付けも大切です。

たとえば、定期的に面談を設けて、部下とコミュニケーションを図ることで、仕事のモチベーションを高めやすくなります。

マネジメントに必要なスキル

マネジメントに求められるスキルについて解説します。

課題分析・課題解決のスキル

マネジメントにとりくむときは、現状にどのような課題があるのか、分析して解決を図るスキルが求められます。

たとえば、現場の業務フローの課題を見直すことで、作業手順を削減できるようになり、作業効率化を図りやすくなります。

コーチングのスキル

マネジメントの効果を引き出すには、部下に指示を出して終わりではなく、部下に気づきを与えるコーチングが必要不可欠です。

コーチングでは、上司から部下に声をかけて「どうしてそう思うのか?」という意見を引き出すことが重要です。

部下自身に考える機会を与えることで、自力で解決を図る思考力を磨けます。

>コーチングに関する記事はこちら

意思決定のスキル

上司が責任をもって意思決定をすることで、部下は安心して仕事にとりくむことができます。

たとえば、業務の途中で問題が起きたときに、上司が適切な判断をくだすことで、仕事の軌道修正を進めやすくなります。

プロジェクト管理のスキル

マネジメントには、プロジェクト全体を管理できるスキルが求められます。

納品日時までの期限はどのくらいか、全体のスケジュール調整は管理できているかなど、現場を見ながら判断できるスキルが重要です。

>プロジェクトマネジメントに関する記事はこちら

マネジメントスキルを高めるときのポイント

マネジメントスキルを高めるときのポイントを見ていきましょう。

適切なマネジメントの研修をおこなう

マネジメントをおこなうときは、各立場や目的別に合わせた研修内容を実施しましょう。

たとえば、部下の人材育成に向けて、上司のメンタル面における指導をおこないたいときは、アンガーマネジメントなどの研修を実施します。

タスク管理を設けて分配する

現場のマネジメントを効率よく進めるには、各タスクを全体で管理しておくことが大切です。

部下がどのような仕事にとりくんでいるのか、締め切りまでに作業の抜け漏れがないか確認できるので、作業をとどこおりなく進められるメリットがあります。

マネジメントは組織や人材育成に重要な要素

マネジメントの手法は、組織における目標達成や人材育成にも役立ちます。

目的に合わせてマネジメントの手法を活用することで、仕事全体のパフォーマンスを向上できるでしょう。

とくに管理職にあたる立場の方は、現場の作業効率化や生産性の向上を図れるように、適切にマネジメントの手法を活用することが重要です。

また、マネジメントを最適化するには、スムーズなコミュニケーションの実現が鍵となります。

コミュニケーションの円滑化には、ビジネスチャット「Chatwork」がおすすめです。

「Chatwork」は、複数人でやりとりができるグループチャットが作成でき、連絡ツールとしてだけではなく、ファイルや情報共有も可能なツールです。

> Chatworkのグループチャットに関する記事はこちら

また、タスク機能を活用することで、部署メンバーのタスクが可視化できるため、メンバーの業務管理にも役立ちます。

>Chatworkのタスク管理機能についてはこちら

やりとりはオンラインで完結できるため、社内外を問わずに、必要なときに迅速にやりとりができ、メンバー個人のパフォーマンス向上だけでなく、チームやプロジェクトにおける生産性の向上にもつながるでしょう。

ビジネスチャット「Chatwork」は無料で簡単に使いはじめることができます。

下部の「今すぐChatworkを始める(無料)」よりすぐに、手軽さを体験できます。

業務効率化による管理職の負担軽減や生産性の向上に、「Chatwork」の導入をご検討ください。

  今すぐChatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は多くの企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

よりよいチームをつくりたい方へ
実力派リーダーを目指す人のチームマネジメント

チームをマネジメントする立場の方に、身につけておきたいスキルや活用したい取り組み、マネジメントに役立つツールを紹介します。

主な内容

  • チームマネジメントとは
  • リーダーが身につけたい「スキル5選」
  • テレワーク時代に実践したい「3つの取り組み」

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkのお役立ちコラム編集部です。 ワークスタイルの変化にともなう、働き方の変化や組織のあり方をはじめ、ビジネスコミュニケーションの方法や業務効率化の手段について発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • Xシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事