職場のストレスの原因と職場のストレス対策の方法とは?

働き方改革
AWAY

目次

仕事におけるストレスには避けられないものや乗り越えるべきものもありますが、職場環境や業務内容による不必要なストレスを感じ続けることは、社員の心身に負担を与え会社の業績にも影響します。

離職や業績悪化につながる前に職場のストレス原因を把握し、個人でできる職場ストレスの対策、会社で取り組むべき職場ストレスの対策について、それぞれ考えてみましょう。

職場のストレス対策が必要な理由

職場ストレスの原因を放置していると、社員の心身に悪影響が出て離職につながることはいうまでもありません。

長く放置すればするほどストレスも大きくなり、ミスの多発や病気、過労死など大きな問題につながる恐れがあります。

社員が定着せず優秀な人材の流出が続くと、スキルやノウハウが継承されず、会社の長期的な成長も望めないでしょう。

また、社員が定着しないことにより担当者がよく変わる、サービスレベルが安定しないなどの理由で、顧客からの会社の評価や評判が悪くなる可能性もあります。

働きやすい環境を作り社員に長く働いてもらうために、またストレスによる弊害がさらに大きくなってしまう前に、早急に職場ストレス対策をおこなう必要があるでしょう。

職場のストレスの原因とは?

職場にストレスを感じる原因として、どのようなことが考えられるでしょうか。

職場のストレス原因について見ていきましょう。

 

コミュニケーションがとれない

社員間のコミュニケーションがとりにくい環境ができあがっていると、信頼関係が構築できず、協力して業務に取り組むことができません。

生産性が落ちるだけでなく、迷ったときに相談がしにくくなり、ミスが増える恐れもあります。

 

サポートや支援がない

入社や異動などで新しい業務に就く社員へのサポートや支援が十分でないと、進め方がわからなかったり間違いを指摘されることが増えて、大きな負担やプレッシャーを感じるでしょう。

人手不足で個々の業務量が多いなどの理由で、サポートにまでなかなか手が回らないということもあるかもしれませんが、話しかけやすい雰囲気やコミュニケーションを意識するだけでも、社員が感じるストレスは減らせるでしょう。

 

多忙で余裕がない

業務量が多く、相談や休憩をする余裕がないほど多忙になってしまうと、心身にかかるストレスが大きくなります。

リフレッシュの時間がなければ効率が落ちることが考えられるため、結果的にさらに作業時間が長くなってしまうでしょう。

 

ハラスメントがある

職場の雰囲気が悪く、対立や悪口など人間関係の問題があると、ストレスを強く感じるものです。

さらに職場でパワハラやセクハラなどのハラスメントがあると、ハラスメントを受けている当人でなくてもストレスが大きく離職につながる可能性が高いでしょう。

 

評価基準が明確でない

結果を出しているのに評価されない、労働量に給料が見合っていないなど、評価基準が明確でない会社で働き続けることは社員にとって大きなストレスになります。

働きを評価されない環境では働く意欲がなくなり、自信を失って能力を発揮できなくなることもあるでしょう。

 

労働時間やノルマが厳しい

長時間の残業が常態化している、達成不可能な目標を指示されるなど、社員のキャパシティを考えない会社では心身にかかるストレスが大きく、社員が消耗してしまいます。

近年では残業を禁止して定時退社を義務化しても、それまでと変わらない業務量や納期を課す時短ハラスメントも問題になっています。

職場ストレスの対策:個人でできるもの

まずは個人ができる職場ストレスの対策から見てみましょう。

社員がこれらをできるよう会社が行動をうながしたり、環境を整えることも大切です。

 

相談する

自分だけで考えるといきづまっていたことが、相談することであっさり解決できたり解決の道筋が見えたという経験をしたことのある人は多いでしょう。

また、相談することで「この業務がうまく進んでない」「業務量が多く追いついていない」など現状を把握してもらうことにもつながります。

相手との人間関係や信頼関係が築けていないと相談するのにも勇気がいるかもしれませんが、まずは小さなことからでも話しかけてみましょう。

 

休養する

毎日きちんと睡眠をとることは、体と脳を休ませるために不可欠です。

また、仕事の合間にひとりになる時間をもったり、眠れなくても自宅で横になって体を休めることは、心の休息にもなります。

仕事をしていると自宅に帰ってからも気持ちが休まらない、睡眠がとれず体調が戻らないという場合は、休職を考えることも必要かもしれません。

 

コミュニケーションをおこなう

人と話すことは、気持ちをおちつけたり明るくするうえで有効です。

職場の同僚、友人や家族でもよいですし、直接会えないときは電話やチャットでもよいでしょう。

会社で雑談を楽しめるような人間関係が築ければ、リフレッシュやストレス発散にもなり、徐々に信頼関係につなげていけるでしょう。

 

社外で楽しみを持つ

趣味や友人との時間を楽しむことはストレス発散になるでしょう。

普段の生活が家と会社の往復のみの場合は、少し足を延ばして行ったことのない場所へ行ってみるのもよいかもしれません。

 

生活や働き方を見直す

夜遅くまで起きている、休憩をとることを忘れて仕事をしているなど、体や心のストレスを解消するための時間が少ない生活や働き方をしている場合は、意識的に変える必要があるでしょう。

仕事の合間にストレッチをしたり席を離れる時間を持つ、3日に1度は早くベッドに入る日を作るなど、できることから取り組んでみましょう。

職場ストレスの対策:会社で取り組むべきこと

会社が取り組むべき職場ストレスの対策を紹介します。

社員任せにするだけでなく、会社が率先してストレスのない働きやすい職場を作ることが求められます。

 

ストレスチェックやアンケートで現状を把握する

まずは現状を把握するために、ストレスチェックやアンケートを実施しましょう。

ストレスチェックは専門的な知識が必要になるため産業医がおこなう場合が多いですが、外部委託も可能です。

社員が会社のどのような点にストレスを感じているのかを把握し、改善点について考えましょう。

 

メンター制度や1on1を導入する

年齢や社歴が近い先輩社員が新入社員をサポートするメンター制度や、上司と部下の1対1のミーディングを通じて社員の成長を支える1on1は、ストレス対策のひとつとしても有効です。

社員間の信頼関係を築く場を与え、相談できる相手を作ることができるため、ひとりでストレスを抱え込みにくくなります。

必要な対策についても先輩後輩や上司と部下の間で知恵を出し合って考えることができるでしょう。

 

福利厚生を充実させる

食堂や余暇施設などの福利厚生を充実させることは、職場ストレスの軽減にもつながります。

ジムやリゾートの割引などを受けられる福利厚生サービスを導入すれば、社外でのストレス解消もサポートできるでしょう。

もちろんそれらを利用する時間を社員が作れるよう、業務量や休暇の調整ができる職場環境を会社が作ることも大切です。

 

業務量や人員配置を見直す

残業やノルマの負担を減らすためには、業務量や人員配置を見直しも必要です。

これまでこの形でやってきたから、これがうちの会社のやり方だから、というところで止まってしまっては、いつまでたっても職場ストレスを減らすことはできません。

人員を増やしたり配置を変えることはもちろん、ITシステムを導入して自動化できる作業はシステムに任せる、業務フローを見直して無駄な作業をなくすなど、広い目線で改革に取り組みましょう。

 

コミュニケーションをおこないやすい環境を整える

職場のコミュニケーションが円滑でないと感じる場合は、ランチミーティングを取り入れたり、会議の最初にアイスブレイクをおこなうなど、お互いの人柄を知れるようなきっかけを設けてみるとよいでしょう。

業務のやりとりも含めたPC上のコミュニケーションをスムーズにするには、使いやすいビジネスチャットを導入するというのもひとつの方法です。

円滑なコミュニケーションによって生産性が上がれば、業績の面でもよい影響があるでしょう。

コミュニケーション充実による職場ストレス対策にChatwork

社員間のコミュニケーションがとれない、労働時間やノルマが厳しいなどの環境は、社員の職場ストレスの原因となります。

職場ストレスの対策をおこなわず放置していると、ミスの多発や離職、会社の評判が下がることにもつながるでしょう。

職場ストレスの対策には個人でできることもありますが、まずは会社で取り組むべき対策をおこない、社員自身がストレスに対処する余裕を持てるよう配慮することが必要です。

ビジネスチャットの「Chatwork」は、職場ストレスの対策に活用できます。

Chatworkのグループチャットやダイレクトメッセージを使って、業務だけでなく何気ないやりとりや雑談など、さまざまなコミュニケーションの場を作ることができます。

気軽に送れるチャットであれば相手が多忙でも相談をもちかけやすく、回答が記録に残ったりグループ内で共有できたりするので、業務効率化や社員同士のスムーズな協力にも役立つでしょう。

コミュニケーション充実による職場ストレス対策に、Chatworkの活用をご検討ください。

職場環境を改善したい方におすすめの資料
風通しの良い職場環境をデザインする方法

風通しの良い職場環境をつくる方法を、組織と従業員の2つの視点から具体的に紹介します。

主な内容

  • 風通しの良い職場環境はなぜ必要なのか?
  • コミュニケーションの見直しから始める
  • 「継続」が成功の条件

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

関連記事