謙虚な人とは?共通する特徴や謙虚になる方法を解説

業務効率化
  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン
AWAY

目次

謙虚な人は、自分の実力におごらずに努力し続けられるという点から、ビジネスシーンで、多くの人に信頼され、業務を円滑に進める役割を担うことが多いです。

謙虚といわれる人たちに共通する特徴や、評価される理由を知ることで、謙虚な姿勢とはなにかを学ぶことができるでしょう。

謙虚さのメリットや、謙虚な人に共通する特徴、謙虚な人になる方法について解説します。

「謙虚さ」とは

「謙虚さ」とは、人の性格や態度を示す言葉で、控えめで慎ましい様子を指します。

「謙虚である」といわれる人は、自分の能力や立場におごることなく、控えめで慎んだ態度で、人と接するという特徴をもっています。

また、相手の意見を素直にうけいれて、吸収するとともに、周囲の人の気持ちや考えを尊重して、対応ができる人でもあるため、ビジネスシーンで評価されやすい人物ともいえるでしょう。

素直との違い

「素直」とは、謙虚な人がもっている性質のひとつではありますが、「素直な人」とは、相手の意見の良し悪しに関わらず、意見を「そのままうけいれる人」のことを指します。

一方で「謙虚な人」は、自分の意見と異なる人の意見も、否定をせず、「相手を尊重するためにうけいれる人」のことを指すため、「素直な人」とは根本的な意味が異なる点に注意が必要です。

謙虚さのメリット

ビジネスシーンで評価されることが多い「謙虚さ」ですが、謙虚でいることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

謙虚さのメリットについてみていきましょう。

周囲の人の良い部分を吸収できる

謙虚な人は、周囲の人の意見を素直にうけいれることができる特徴をもっているため、周囲の人の良い部分を積極的にみつけ、自分の糧にすることができます。

固定観念や自分の考え方に固執せず、他人のよい部分を吸収して、自分のなかにとりいれることで、新しい発見や知見にすることができるでしょう。

周囲からの信頼が得やすい

謙虚な姿勢をもつ人は、周囲の協力があるからこそ、自分の成果がだせると考えているため、自分の考えのみを押しつけず、感情に任せた言動をしないため、周囲からの信頼を得やすいです。

周囲からの信頼が得られると、困っているときに助けてもらえたり、また業務の相談も親身になって聞いてもらいやすくなったりするでしょう。

>信頼関係を築くコミュニケーション方法に関する記事はこちら

自己成長につながる

謙虚な人は、自分の悪いところを素直にうけとめて、改善していくことができます。

自分の非を認めることができると、自己成長につながるだけでなく、周囲の人も友好的になったり、協力してくれるようになったりするでしょう。

また、自分自身を客観的に把握することができると、足りないスキルや経験を洗い出し、チャレンジの機会をつかめるようになるため、スキルアップや自己実現も期待できます。

>セルフマネジメントに関する記事はこちら

謙虚な人に共通する特徴

謙虚な人に共通する特徴をみていきましょう。

見返りを求めない

謙虚な人は、損得勘定で動かず、自分の行動に見返りを求めないという特徴があります。

良い結果を残すことを大切にしているため、私利私欲に走らず、「相手が喜んでくれたらよい」「相手のためになればよい」と考える傾向があります。

努力を惜しまない

謙虚な人は、自分の立場やスキルにおごることなく、努力をし続けられるという特徴をもっています。

自分の立場やスキルを客観的に評価し、より高い次元を目指すための努力を積み重ねることができるため、周囲の人からも信頼・応援されやすいです。

自分の非を認めることができる

謙虚さをもっていると、自分のおこないを客観的に判断し、間違いや非がある場合は、素直に認めることができます。

自分のおこないを反省し、素直に謝罪できるだけでなく、自主的に次回への改善アクションをおこなうことも特徴です。

プライドが高かったり、自分の間違いを素直にうけいれることができないと、なかなか素直に謝罪することはできません。

しかし、自分の非を認め、周囲の意見をうけいれる姿勢をもてると、なにかトラブルが起こった際や、困ったことが起こった際に、周囲の人が積極的に助けてくれるようになるでしょう。

自分の意見を押しつけない

謙虚な人は、自分の意見や意思を押しつけず、相手の意思を尊重する傾向にあります。

自分の意見がすべてではなく、人にはそれぞれ独自の考えや大事にしている価値観があると理解しているので、自分の意見を相手に強要することがありません。

また、相手の意見を傾聴する能力にも長けている人が多いため、なにかと相談されたり、アドバイスを求められたりなど、頼りにされるシーンも多いでしょう。

>傾聴力とは?に関する記事はこちら

自慢をしない

謙虚な人は、自分が達成したことや現状の立場は、周囲の人の支えがあってこそ実現できたものと考えているため、自分本位の自慢をしません。

「自慢」は、少なからず自分本位の行動になってしまうため、相手の立場で考えた際に、不快感を与える行為になりかねないと理解しているためです。

また、謙虚さをもっている人が自慢しない理由として、自分のことを「人よりも優れている」「自分の考えが絶対に正しい」という思い込みをもっていないことがあげられます。

決して自分の成果を、自分ひとりの成果と考えないことが、謙虚な人の特徴です。

常に冷静さをもっている

謙虚な人は、周囲の状況をよく観察し、チームの動向や進捗にあわせて、適切な行動をとることができます。

周囲の状況を常に把握しようとしているため、トラブルや緊急事態の際にも、慌てず、冷静な判断をすることが可能です。

また、自慢することが少ない点からもわかるように、場の空気を読み、自分の感情をコントロールすることができる点も特徴といえるでしょう。

謙虚な人が評価される理由

謙虚な人に共通する特徴をみてきましたが、このような特徴をもつ人は、なぜビジネスシーンで評価されやすいのでしょうか。

謙虚な人が評価される理由についてみていきましょう。

感謝や謝罪を素直におこなう

謙虚な人は、自分の行動や判断を客観的に把握し、感謝や謝罪を素直にすることができます。

自分のとりくみや成果が、自身の力だけで達成できないことを知っているからこそ、相手の気持ちを尊重し、寄り添った行動をとることができます。

素直な気持ちを伝えられた相手は、心を開きやすくなるため、結果として、「信頼できる人」として、評価されるようになります。

>自己開示の効果や方法に関する記事はこちら

おごらずに努力できる

自分の能力や立場に甘んじておごることなく、努力し続ける姿勢をもっている点も、謙虚な人が評価される理由のひとつです。

自分の能力や立場にうぬぼれてしまうと、周囲の人への対応も横暴になり、また、努力もしなくなってしまうため、個人的な成長もとまってしまいます。

このような状態が続くと、結果として、能力が低下してしまうことになりかねません。

しかし、謙虚な人は、自分の現状におごることがないため、能力の向上に努め、スキルをあげ続けることができます。

トラブルに冷静に対応できる

謙虚な人は、自分の能力に甘んじず、常に予期されるリスクへの対応ができているため、トラブルが起こった際の対応にも評価が集まります。

起こりうるトラブルに対して、対応策を考えられていると、状況の把握がしやすくなったり、冷静に対処できたりするようになります。

また、トラブルの経験をベースに、同じトラブルが起こらないように対策することもできるため、さらに信頼度があがるでしょう。

>企業がすべきリスクマネジメントとは?に関する記事はこちら

謙虚な人になる方法

謙虚な人に共通する特徴や、謙虚さがなぜ評価されるのかを確認してきましたが、謙虚な人になるにはどうしたらいいのでしょうか。

謙虚な人になる方法についてみていきましょう。

心の余裕をつくる

謙虚さをもつためには、他人のアドバイスや要望をうけいれる「心の余裕」をつくることが大切です。

自分の考えがすべてであると思い込むことなく、他人の意見を聞く心の余裕をもち、よいところを積極的にとりいれるようにしてください。

最初は、難しいと感じることもあるかもしれませんが、まずは傾聴することを意識する、意見を求められるまで言わない、などの行動をしてみることで、徐々に習慣づけることができるでしょう。

周囲の人に感謝を伝える

周囲の人に、積極的に感謝の気持ちを伝えることも、謙虚な人に共通する特徴です。

自分のとりくみや行動に関して、助けてくれた人や、支えてくれた人などに、些細なことでも構わないので、声をかけるようにしましょう。

感謝を伝えることで、お互いに協力する気持ちや、チームで成果を出している気持ちが芽生え、生産性の向上も期待できるでしょう。

テレワークやリモートワークなどで、直接声をかけることが難しい場合は、ビジネスチャットやピアボーナス制度を活用して、感謝の気持ちを伝えることも効果的です。

>ビジネスチャットに関する記事はこちら

>ピアボーナスに関する記事はこちら

チームワークを大切にする

自分の意見だけを通そうとしないことや、相手を気遣う心をもつことなど、チームワークを大切にすることは、謙虚さを身につけるうえで重要です。

チームワークを大切にすることで、周囲の状態がよくみえるようになり、積極的にコミュニケーションをとりながら、グループ全体のとりくみを円滑にすることができるようになるでしょう。

チームワークが高まると、情報共有や連携が活発になり、生産性の向上や業務効率化につながるなどのメリットも期待できます。

テレワークなどで、なかなかチームの人とコミュニケーションがとれずに悩んでいる場合は、ビジネスチャットなどを活用して、コミュニケーションの手段を変えてみることもおすすめです。

メールや電話よりもカジュアルなコミュニケーションがとれるとともに、リアクション機能を活用することで、顔がみえなくても、相手の感情をくみとりやすくなるなどのメリットがあります。

>チームワークを高めるメリットに関する記事はこちら

>Chatworkのリアクション機能に関する記事はこちら

円滑なチームワークにはChatwork

謙虚さをもっている人は、見返りを求めない行動をとれたり、自分の実力におごることなく努力し続けられたりなど、ビジネスマンに必要なマインドをもっています。

謙虚さを身につけたい人は、周囲の人への感謝を忘れずに、アドバイスや指摘を素直にうけいれるなど、協調性を大切にするようにしましょう。

チームメンバーそれぞれが、人を思いやる謙虚さを身につけることができれば、円滑な業務遂行が可能になり、生産性が高い組織をつくることができます。

ビジネスチャット「Chatwork」は、会話のようにスムーズなコミュニケーションが、オンライン上で可能になるコミュニケーションツールです。

個人間だけでなく、複数人でのグループチャットを作成することができるため、チーム単位での、円滑な情報共有やコミュニケーションが可能になります。

円滑なチームワークの実現に最適な「Chatwork」の利用をぜひご検討ください。

Chatworkを始める(無料)

Chatwork(チャットワーク)は30万社以上の企業に導入いただいているビジネスチャットです。あらゆる業種・職種で働く方のコミュニケーション円滑化・業務の効率化をご支援しています。

Chatwork新規登録

チームに足りないものはありませんか?
チームコミュニケーションの活性化

チームでの仕事には、コミュニケーションが必須です。

活発なコミュニケーションによって、チームメンバーが「意思疎通」できるようになるだけではなく、メンバー同士が「良好な関係性」を築き、チームとしての成果を最大化することにつながります。

一方、チームコミュニケーションを活性化するために、何から手をつければよいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

本資料では、まずは簡単なチェックリストによって自分のチームの現状を把握した上で、「生産性」と「エンゲージメント」の2つの側面からチームコミュニケーションを活性化する手段をお伝えします。

ダウンロード
Chatwork

Chatwork

Chatworkの中の人です。お役立ちコラムの編集者として、ワークスタイルの変化に伴うコミュニケーションと組織のあり方など発信していきます。

  • facebookシェアボタン
  • twiterシェアボタン
  • はてなブックマークボタン
  • pocketボタン

関連記事